2005年12月11日

カレー実験

最近サボリ気味ですね。
こんばんは、燐寸です。

週末なので今日は私がシェフ。
子供のリクエストでチキン・カレーにしました。
手抜きというか時間を掛けたくない時は市販のルーを使うんですが、
基本的に私はルーを使わずスパイスで仕上げるインド風のカレーが得意なんです。
でね、思っちゃったわけですよ。
半々でブレンドしたらどうなんかなって(笑)
正直どっちつかずになって、




またいらんことやってもうた


になりかねないと思ったんですけどね。
では、スタート。

材料(約12皿)
鶏もも肉600g(一口大に切る)
メークイーン4個(適当に切る)
人参2本(適当に切る)
玉葱4個(くし形に切る)
カット・トマト缶2本(300g)
生姜1片(すりおろす)
にんにく2片(すりおろす)
ターメリック大匙2
クミン・シード大匙1
ローリエ3枚
カルダモン2粒
赤唐辛子4本
シナモン・スティック3cm
ガラム・マサラ適量
レッド・チリ・ペッパー適量
市販ルー適量
サラダ油
ウスターソース(ちょっと)
醤油(凄くちょっと)
ケチャップ(適当)
インスタント・コーヒー(パラパラ程度)
バター20g
水900ml

1・フライパンにサラダ油を熱し、ローリエとカルダモン、赤唐辛子、シナモンを油に香りと辛味を  移すように炒める。
  パチパチ音がしてきたらスパイス類を全て取り出す。
2・別のフライパンを熱し、バターで玉葱が濃い狐色になるまで炒めて1のフライパンに投入し、飴  色になるまで頑張って炒める。(注:焦がさないように)
3・鶏肉、ジャガイモ、人参を加え、ザッと炒め合わせたらトマト缶と水を投入。
  沸騰するまで強火で煮立たせ、煮立ったらアクを取る。
4・中火に火を落として生姜、にんにく、クミン、ターメリック、ガラムマサラ、レッドペッパーを  加えて材料に火が通るまで煮込む。
5・材料に火が通ったら市販のルーを溶かし、ソース、醤油、ケチャップ、コーヒーを加えてトロミ  が出るまで一煮立ちして完成。

煮込んでる段階で水分が飛ぶので焦げ付き注意。
ベースがトマトの水煮缶なのでルーの入れ過ぎに注意。
ルーが溶けにくかったり焦げ付きそうなときは、迷わず水を足して下さい。
辛さの調整はレッドペッパーで。
市販のルーは大きいやつの半分で十分です。

感想
子供達には何だか好評でした。
私としては予想通り



















どっちつかず!

お勧めしませんがなんで記事にしたかと言われれば、















同類の物好きを見付けたかっただけ


ただ耐熱皿にバターを塗って、
ご飯入れてその上から今回のルーをかけて溶けるチーズを散らしてオーブンで焼いたら上手かった。
これって焼きカレーってゆうの?
焼くとスパイスの香りが立っていいですね!


物好きな方→人気blogランキング





posted by 燐寸 at 22:24| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。