2006年07月27日

納得の一言

これからは政治が面白そうですね。
こんばんは、燐寸です。

総裁選出馬表明した方々が公約発表してますね。
消費税10%とか言い出す人もいますね。
私はそれよりも訳の分からない闇に消えてる特別会計を赤字補填に使って欲しい。
何でも税金からって姿勢はどうなんですかね?
カミさんは違う観点でした。

カミさん曰く

議員になりたいって自分から言って立候補したんだから給料もリーマン並にするべき!

そんで浮いた分を補填にあてろ!

議員は金目当てにしか見えない!

てか給料貰い過ぎ!


本当に国を良くしようと思って立候補する、
又はしたなら




















無給でも出来るはず!!


まぁ最後のは極論でしょうが、
実際なるほどと思ってしまいました。
確かに無給でも国を良くしたいなんて思想を抱く人なんているとは思いませんが、
それぐらいの覚悟がある人に託してみたいとは思う。
今選出されてる議員も最初はそんな覚悟だったのかも知れませんがね。

まぁ何かと注目されてた小泉政権の後ですから、
次の総理はやりにくいでしょうな。
結局はこれまで同様米の顔色伺いになりそうな・・・

気になるのは隣国との問題。
取り上げる候補者の裁量次第でどうとにでもなりそう。
その人が何が問題でそれを解決するのに何が障害かってのを、
個人レベルではなく国民レベルで理解出来てるかが鍵だと思う。


リーマン並の給料で国の責任なんてごめんだ!
そう思ってる議員の少ないことを願う。
だって

お前等の給料はこの国の大半を占めるリーマンが払ってるんだぞ!


あくまで個人的な意見ですがね。
ここのカテゴリ別ならもっといい見解が聞けるかも。

posted by 燐寸 at 23:07| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何年か前に出雲市の市長になられたお方は、
米国の証券会社だかで腐るほどお金を稼いだので
「給料はいらない。故郷の為に尽くしたい。」
とおっしゃっておりましたな。

個人的には消費税という考え方には賛成ですが、
消費税率上げたりする前に今まであった徴税項目を減らしたり税率下げたりすべきだと思います。
既に税を盛り込んだモノから更に消費税取るのはおかしいと思います。酒とかガソリンとかね。
住宅や自動車も「取得税」やら「重量税」やらは撤廃すべきでしょ。
その他、税金ではなくても「義務」と称して徴収しているのも辞めれ。健康保険料とか年金とかNHKとか。「義務」になってたらそれは「税金」と同じなんだよね。
Posted by けい at 2006年07月29日 00:12
消費税は世界的に見ても日本は低いんで私も分からなくはないかな。
でもそれを国の赤字補填に回すってのが気に入らない。
これが年金や福祉方面に使われるなら納得できる。

国民から何かと理由を付けて税金化して、払うのが義務だと言い張るのもどうかと。
既存の税金を値上げして本来無くてもいい税金は沢山あるはずなのにね。
けいさんが言う酒やガソリンは勿論煙草もね。
嗜好品に関する物に税がかけられれば、それだけ消費も落ちて経済にも影響が出るのに。

Posted by 燐寸→けいさん at 2006年07月29日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21512924

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。