2006年09月11日

SWアイテム出陣

昨日帰って来ましたが、
荷物を降ろしてシャワー浴びてバタンと倒れて眠ってしまいました。
こんばんは、燐寸です。

予告通り金曜仕事終了と同時に釣りキャン行って来ました。
私の予定では20時には買出しも終えて、
今回の夜釣りポイント西伊豆T子に向けて出発出来るはずだった。
それが食材買出しに業務用スーパーに行き、
後輩達のサビキやちょい投げ仕掛けを買いに釣具屋に行き、
結局出発は21時。
師匠には0時頃到着予定とか言ってしまった(汗)
多数決で有料道路は一切使ってはいけないと言われてたので焦った。
ナビの到着予定時間は2時37分。

ヤバ!

と思った3秒後には開き直って後で携帯に電話すりゃいっかぁと思ったのは内緒だ。
何せ最初に寄ったコンビニで電話入れようとしたら、

見事に電池切れ

激ヤバです。
でも師匠なら待ち切れなかったら移動してしまうかなと都合良く考え、
それでもパンダに捕獲されないようメリハリをつけて急行しました。

その甲斐あって何とか1時には到着。
したが何処に駐車すればいいのか分からず、
方向音痴な私は最初思いっきり逆方向に向かってしまった。
どうも違うと気付いて戻って来て入り口らしき所を曲がると人影が・・・
何か私の車に向かって微妙な位置でこっち見てる。
側に網が干してあったんで漁師のオッサンかと思い轢かないように通過し、
もう1台で行った後輩達と合流して駐車スペースを確保した。
車から降りるとピカピカのステッピーに先程のオッサンらしき人が・・・

師匠でした!

1時間も遅刻して見間違えて素通りし、
更に漁師と間違えた挙句邪魔な所に立ってて少しは避けてよ!とか思ってすんません(汗)

師匠とも無事(?)合流して少し談笑。
私は釣る前から後輩と乾杯し取敢えず麦酒なんか呑みながら(笑)
師匠に「釣れる前から乾杯して大丈夫〜?」
なんて言葉を頂きました。
一気に麦を終了してチューハイに突入。
そこで私が揃えたタックルを師匠に見せてルアー談義。
そんでチューハイも終了しいざ出陣。

私はまずエギング・ロッドの感触を確かめてみた。
私が選んだのはEGのマグナム・ジャーク。
前回の師匠の体験教室ではシーバス・ロッド9Fだった。

取敢えずロストしても痛くないデフレ・エギを装着してキャスト。
やっぱ軽い!
7.6Fのレングスは予想通り操作性が高いと思った。
非力な私にはこれで十分。
ロッドが短い分飛距離はかなり犠牲になるかと思っていたが、
MHの硬さだけどガチガチ感が無く何か粘りがある感じでエギの重みもしっかり感じられ、
反発力を得易いように感じた。
1ピースなので感度も良く、
初心者の私でも着底の感触をロッドで感じられた。
師匠にも投げてもらい、
「良い買い物した」と言われ一安心。

それから3時間
キャスト
 ↓
シャクリ
 ↓
ジャーク
 ↓
フリーフォール
自分のロッドで思い切り出来るのが嬉しくこればっか繰り返してた(笑)
師匠達みたいにキレのある音はまだ出せないけど・・・
あと3回ぐらい自分の額にメーン!って一本喰らったけど・・・

休憩がてら途中から仮眠に入ってた師匠を優しく起こして再び燃料(チュー)注入。
師匠は寝起きすぐにランガンすると言って別のポイントへサイナラ〜。
私はその後チュー片手に再びキャスティング練習。
でもすぐに集中力切れ。
だって寄って来るのネンブツ君だけなんだもん。
イカ様は留守だったと思い込んで車で寝ました。
釣果?

ボ〜ズ!

悔しいから足元に湧いて寄って来たネンブツ君をエギで引っ掛けてやろうとして、
後ろにいた後輩が釣れました(汗)
Tシャツ一枚だけ貫通させる神業でした(大汗)
釣りでふざけて余計な事をしてはいけないと改めて思った事が収穫。
皆徹夜でテンパッてて爆笑しましたが、
今思うとかなり危険だった(汗)

誰か釣れて(危険は無いです)→人気blogランキング

posted by 燐寸 at 23:53| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。