2006年10月17日

釣り&キャンプ1日目

昨日の続き〜
こんばんは、燐寸です。

熱海を4時半に出発し、
ony’sさんと合流すべく待合わせ場所に向けて車を走らせます。
待合わせ時間は17時に平塚某所の7−11。
事前に教えられた番号をナビにセットしたところ、

該当する場所がありません。

え?と思いつつも周辺地図が表示されたので取敢えずそこへ向けて急ぎます。
この時は新しいと言ってたし、
きっと私がナビを買った頃には出来てなかったんだろうと思ってました。
途中渋滞にはまったり道を間違えたりして時間をロス。
結局周辺に着いて7−11を見付けたのが7時半。
ところが見付けたはいいがony’sさんの姿が無い。
とにかく連絡しなきゃと携帯にTEL。
どうやら全然違う場所が正解らしい。
そこからony’sさんの指示に従って移動してやっと合流できました。
ony’sさんもおかしいと言って、
最近買ったばかりのony’sさんのナビで番号をセットしてみた。

該当する場所がありません。

・・・
いったいony’sさんはどうやってこの番号を見付けたんだろ?
本来は7時に出発予定でしたが既に8時をまわってたので焦って聞くの忘れた。

とにかく私のタックルとキャンプ道具をony’sさんの車に積み換えやっと出発です。
出発前のドタバタとは違い道中は一度も渋滞にはまる事無くいたって快調。
有料道路ってやっぱ有効なんですね。
たまにそうじゃない道路もあるけど。

途中ony’sさん行きつけのSA備え付きみたいな食堂で朝食タイム。
私は合流前にサンドイッチ食べてたけどペロッとうどんを平らげました。
なかなか美味しかったです。
薬味の天かすとネギが取り放題ってのも気に入りました。
私はたぬきうどんっていうのが嫌いなんです。
あれってかけに天かす入れただけじゃないですか。
それなのにかけより金取るのがイマイチ納得いかないんですよ。
九州に居た頃は無料で取り放題が当たり前でしたし、
讃岐うどんも薬味取り放題が普通のはずですもん。

話を戻して朝食後も順調に最初のポイントへ向かいます。
到着後そそくさと準備するも強風で即移動決定。
私はちゃんとアオリ狙いでの釣行は初めてなので師匠であるony’sさんに従います。
全然ポイントも知らないしね。

次のポイントはony’sさんがいつも通り過ぎてた場所らしい。
風も大した事なく海の色もまあまあとのこと。
ここで粘ることにしキャスト→シャクリシャクリシャクリ→ステイ。
着底までボヘ〜。
たまに一服。
着底後シャクリシャクリ→ステイ→着底。
暫く繰り返すも何の反応も無い。
というか私はイカ釣った事が無いからどんな当りか分からない。
ですからちょっとした違和感全てに聞き合わせしてた(笑)
結果、
エギをピック・アップすると必ず海草がカンナに絡まって戻ってくる(汗)

ony’sさん曰く底が取れてる証拠だから良い傾向だと言われ、
そうなんだと思い気を良くして思いっきりフル・キャスト!




バチンッ!!

リーダーすっぽ抜けてエギだけ飛んで行ったよ・・・
バイバイありがとうさ〜よなら〜♪

ラインシステムを組む事に慣れてない私には大惨事です。
ony’sさんのそれもいい練習とゆう言葉に励まされ、
チマチマチマチマ組み直して復帰です。
でも一向に生物の反応が無く完全に心が折れた・・・
ony’sさんの

「夕マズメに賭けてキャンプ場に行こうか」

の一言に即抱きして、
途中現地のスーパーで買出ししてキャンプ場にチェック・イン。
今回は釣る事前提で食材は一切用意して無かったんです。
でもこれも現地調達って事で(笑)

キャンプ場に到着してからは椅子とテーブル出してまずはプシュ!
シュボッ!フ〜
あ!私だけね。
ony’sさんはまだ運転があるし飲兵衛じゃないんで(笑)
ony’sさんはその間メッキ狙いでこだわりのプラグ投げてました。
このキャンプ場の特筆すべきはテントサイトから釣り出来るんですよ!
しかもこの日は私達を含めて利用は二組だけ。
サイトも4サイトぐらい自由に使ってよいとの事。
でも実質ソロテント2張りとテーブルと椅子2脚だけなんで、
使用したスペースは1.5サイトぐらいだったかな(笑)

ony’sさんが釣りしてる間、
私は呑みながらダラダラとテントを設営してました。
ony’sさんが戻って来て様子を聞くと反応ナッシングとのこと。
それを聞いて私は更にダラダラ全開。
ony’sさんの設営を眺めながらチュウハイに舌鼓。
でもそこはさすがベテランキャンパー。
私の半分以下の時間で設営完了。

その後は夕マズメまで雑談したりミノー泳がせたりして、
いよいよ狙ってた時間になりました。
ony’sさん曰く聖地らしいポイントに移動して狩り開始。

何の反応もありません(泣)

カンナに絡まって海草だけは上がってきます。
なんだかな〜なんて思ってたら、
向かいの堤防で小さいアオリを釣り上げたエギンガーを見た。
俄然やる気に火が点いたが私のエギは嫌いみたい。
全然異常ナッシングです。
ony’sさんも同じ様子。
はい、








初日はBOWS

スゴスゴとキャンプ場に戻りました。
スーパーで食材確保してて良かった。
この時点で前日慰安会で完全徹夜だった私はフラフラ。

キャンプ場に戻って二人で呑みながらony’sさんが温めたおでんを食す。
気温が下がってきたのでこれがまた美味い!
更にony’sさん作の鮭と舞茸のホイル焼きが酒を進ませる。
でもメシ炊きは任せて!って大見得切ってたんで、
呑みながら(笑)でも真剣に飯盒とシングルバーナーで炊飯。
この頃になると飲兵衛の性か活性が上がる(笑)
夜が大好きなのは飲兵衛共通の習性ですな。

頃合を感じ取って蒸らしに入り、
私がホルモン野菜炒めを作る。
味付けされてるホルモンに焼肉のタレで味付けするだけでしたが(笑)
これを最初はツマミにして、
シメに炊立てのご飯に乗せて丼にして喰らいました。
ony’sさんはかなり大盛でおかわりしてたんでそれなりに美味しかったと思う(笑)

食後は超まったりモード。
呑みながら釣りの話や他愛の無い話で盛り上がります。
普段呑まないらしいony’sさんも私に釣られて缶ビール2本。

時間は21時ちょい過ぎ。
長時間の運転と海面のギラギラを見て目にダメージがあったのかな?
ony’sさんが私より早く撃沈。
テントへ潜り込んで行っちゃいました。

ony’sさんとは釣り以外の趣味で一緒にキャンプ泊したけど、
私が酔い潰れて自然気絶する前に先に寝たのは初めてかも(笑)

とはいえ私も一人になったら急に眠気が・・・
そういえば前日徹夜だったっけ・・・

でも静かな漁港の傍のキャンプ場でのシチュエーション楽しみながらもう一杯。
どうせなら師匠が寝てる間に釣れたら面白い!
翌朝間違い無く先に起きるであろう師匠が、
テーブルの上にメッキ置いてあったら最高にいいリアクションしそう!!

なんて考えて、
呑みながら数投。

釣れねぇ・・・

てか邪な考えで釣ろうとしたのが間違い?
完全に諦めてテーブルにある焼酎ロックも無くなる頃、
さすがに私にも強烈な睡魔が襲ってきました。

最後の一口を呑み干して、
ony’sテントから聞こえてくるイビキを聞きながら一服して気絶しました。

二日目はまた明日ね♪


長過ぎ!って思ったら→人気blogランキング
posted by 燐寸 at 23:57| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念だったね〜
てか、爆釣だったら
泣きがはいってたヨ(笑)

前回は聖地は満員御礼でスルーしたもんね
いいトコだよね
海が荒れると波かぶって怖いけど・・・

いきたかったな〜〜〜
Posted by かじか at 2006年10月18日 16:36
泣いてもらおうと頑張ったんですが、魂注入は二人とも先送りになってしまいました。
特におのやすさんはメール送信する為に気合入ってましたよ〜(笑)

>いきたかったな〜〜〜

釣らなかったけど楽しかったですよ♪
来年に向けて根回しをしっかりして下さい(笑)
Posted by 燐寸→かじかさん at 2006年10月18日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25662849

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。