2005年08月12日

日航機事故から20年

生存者4名、死者520名を出してしまった、あの痛ましい事故から今日で20年が経ちました。
当時私は中学生で、親と一緒に呆然とニュースを見ていた覚えがあります。
この悲惨な事故、実は私にはかなりの印象があります。
と言うのも、この事故の奇跡的な生存者の方々が運ばれた病院が、私の生まれた病院だったのです。
何か繋がりを感じずにはいられませんでした。

当時から事故原因には色々な説がありましたが、
結論は「隔壁破壊が原因の墜落」とされています。
しかし、20年経った今でも、明らかにされていないように思います。
何故かというと、
機長を含めたパイロット、添乗員、生存者に聴覚障害が起きていない
この事実が隔壁破壊説を否定する決め手らしいんです。
確かに上空で、客室が急激に減圧されれば、激しい耳鳴り等が起きて聴覚は無くなりそうです。
更に伊豆方面の海を、事故の夜に軍艦が捜索していたといった情報や、
自衛隊の空軍が魚雷捜索の為に出動したりと、何だか物騒な情報もあったらしいです。
真偽の程は分かりませんが・・・

角田四郎氏著
「疑惑 JAL123便墜落事故」
この本に詳しく書かれています。
興味がある方は読んでみてはいかがでしょう。

不思議なのは、こんな情報や色々な疑惑がささやかれているにも関わらず、
何故、航空関係者や自衛隊、報道機関が追及しないんでしょう。
なんででしょう?

もし、事実が本当に別にあるとしたら、大勢の犠牲者の為にもはっきりして欲しいと思います。

今夜は亡くなった方々に黙祷をささげたいと思います。
二度とこんな事故がおきない事を願いながら・・・


協力お願いします→人気blogランキング

posted by 燐寸 at 23:31| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。